撃退
スーパーカマグラでEDを撃退しよう   >   ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品

ED治療薬も早漏治療薬も他の治療薬や薬にも、ジェネリック医療薬は多く存在します。
スーパーカマグラやエクストラ・スーパータダライズ、バリフやカマグラゴールドなどED治療薬だけのジェネリック医薬品でも、数えきれない種類が製造されております。
そのようなジェネリック医薬品の特徴は何があるのでしょうか。
まず、ジェネリック医薬品の一番の特徴はその安さです。
同じ成分が配合されている同じ効果のある新薬よりも10分の1くらいの安さに違いが出ることもよくあります。
なぜ、これほどまでに新薬との値段の差があるのか説明いたします。
そもそもジェネリック医薬品とは新薬と同等の有効成分と製法で製造されて、同じ効果があると厚生労働省に認められた医薬品になります。
ジェネリック医薬品は、もともと効果の認められている成分を使い製造するので、開発期間に時間がとられることなく2から3年には医薬品を製造して販売することができます。
しかし、新薬になりますと、何もないゼロからのスタートになり、どの成分がどのような効果があるのかの保証もありません。
その為、開発期間に10から20年ほどもかかる製薬会社もあり、製造・販売するまでに多くの時間と手間とお金がかかっています。
その開発期間の差が、そのまま値段の差になっているのです。
ジェネリック医薬品は、安いだけが取り柄ではありません。
新薬よりも遅れてから開発を開始しますので、その新薬の評判や口こみや、検査から、錠剤の大きさを飲みやすいように小さくしたり、錠剤タイプではなく、シロップ状にしたりと、より飲みやすいように形状を変化させてあるジェネリック医薬品も存在します。
上記のようにジェネリック医薬品には、新薬は出せない多くの多様性を秘めております。